2010年03月09日

雄星選手と本と人生の活用

西武ライオンズの雄星選手は読書を欠かさずやりますが、読んでいる本の数を聞くと本を読むこと自体速いのではないか、スピードはなかなか速いのだと思います。

1ヶ月に10冊から15冊ほどは読むそうですね。きっと教科書を読むスピードも速いのではないかと思います。

本を読むのは面倒に感じるときもありますが、人間にとっては毎日使う言語なので文字にも慣れますし、書かれている単語と意味を知ることによって知的な人間になることもできます。

本は普遍的なのでものごとの感情の影響は少なく受け入れやすいですし、読むことによって相手の意見や考えを受け入れられるようにもなりやすいそうです。

読書は定年を迎えた高齢の方なども日々やっていますし、教養として読む方も多いですね。

一冊読むだけでも文章力や言葉遣いも上達します。

posted by ぴったんぽん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。