2010年03月11日

ウォーキングは健康の元、毎日歩く

ウォーキングは脚の筋肉を鍛え、体力も使うので健康にもいいと言われています。

ウォーキングでは有酸素運動で酸素も十分に取り込むので体の循環もよくなった風に感じますし、体にある脂肪も燃焼されるのでダイエットやメタボ対策にも効果的と言われています。

歩く機会というのは一日のうちでは機会はあまりありませんが、駅や会社の階段をエレベータではなく階段を使って登る、自転車や自動車を使わずに移動する、電車の中では座らない、などなどがあります。

駅を一つ前で降りてそこから家に帰るなどをしてもずいぶんな運動量になります。

家でもつま先歩きをするだけで筋肉の使用量の差はけっこう出てくるようです。


タニタの1億歩歩数計
posted by ぴったんぽん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。