2011年04月27日

パーキンソン病の双子の男性が車内で寝泊りの生活を

東日本大震災ではまだ仮設住宅へは入居できないなど、避難所生活が続いていますね。

福島県郡山市の避難所ではパーキンソン病の男性の双子が駐車場に止めた車内で1カ月近く寝泊まりしていることが分かり話題になりました。


難病患者を支援するNPO法人「SORD」の小泉二郎代表「行政はプライバシーに配慮し、避難所とは別の個室を用意すべき事案だ」

パーキンソン病とは手足が震えたり歩行が困難になったりする病気で、避難所で生活をしていた際に、歩き方が変という声が聞こえそれから精神的にも負担がかかり病気が悪化したのだそう。

不眠や周りの目と言うのも気になっていたそうで精神的疲労も限界に来ているのだとか。

避難所では自閉症の方など環境への適応が難しい方は披露を感じる度合いも高くなるという風に言われていましたが。

いつも同じ環境で過ごしてきたである双子の兄弟の健康状態が悪化していく姿を見ると心が痛んだことでしょうね。

パーキンソン病は脳内の神経伝達物質ドーパミンが減少する病気ですが、遺伝やDNAなどが関係しているのでしょうかね。


posted by ぴったんぽん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198024788
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。