2010年06月08日

平子理沙・ひらこりさは英語が話せるようにとアメリカに留学

モデルの平子理沙さんは両親が英語が話せるようになってほしいということで、高校はアメリカの学校に通っていたそうですね。

今は本人が英語が話せるようになりたいということでインターナショナルスクールに転校したという風になっています。

後に吉田栄作さんと共にアメリカでの活動を始めたので、英語は役立ったことでしょうね。

親の都合で海外生活が長い方と言うのもけっこういますし、小さい頃から英語になれておくと英語は話せる人間にもなりますね。

海外へ転勤する職業もありますし、世界的な企業を目指しているところにしてみれば英語が話せると言うのはプラスですし、外資系企業への就職も有利になりますね。

英語では世界共通のTOICEやTOFFLの資格があった方がいいですね。

posted by ぴったんぽん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いとうあさこの父親は銀行の頭取。銀行員は人気職業

お笑いタレントのいとうあさこさんの父親は銀行の頭取と言うことで知られていますね。

いとうあさこさんは小学校から私立に通っていたそうですが、演技の道に進みました。

もしいとうあさこさんが一般の職業に就いていたら、父親と同じく銀行関係の仕事だったでしょうかね。

銀行員というのは硬いイメージがある仕事で、数字や計算など数学があまり好きではない方にとってはそんなにいいイメージはないのかもしれませんが、銀行関係の仕事に就きたいと想っている方はけっこう多いですね。

銀行は支店も多いので採用枠も多いですし、給料も職業の中ではなかなか高い方なんですよね。

銀行は経済・金融の中核なのでメガバンクや大手などは倒産することはほとんどないので、安心ということもあるかもしれません。

リストラは他の企業と同様にないわけではないので、努力していれば仕事は安定しているということになりますかね。

posted by ぴったんぽん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

いとうあさこは家出をしていましたが、今は帰っている?

いとうあさこさんは家が豪邸、父親が銀行の頭取でお嬢様育ちということが話題になりましたが、家出をしたということで今も家族とは疎遠なのかと思っていたら、現在は実家に帰って家族で集まることもけっこうあるそうです。

銀行員は硬派なイメージがありますが、その頭取なのでやはり厳格な父親なのでしょうかね。

いとうあさこさんがレオタード姿でタッチの朝倉南のモノマネヲした時は驚いたでしょうかね。

いとうあさこさんには兄や妹がいろすです。兄も銀行関連、金融機関の勤務でしょうかね。

posted by ぴったんぽん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。